チャンピックス服用で禁断症状とは?

タバコを吸う人にとって、禁煙という言葉は非常に頭の痛い話だと思います。喫煙者の中には、禁煙をしてみたが、失敗してしまい、あらためて喫煙者に戻ってしまったという方も少なくはありません。多くの方が、少なくてもタバコの身体的な影響も知っており、経済的負担も実感しているものでしょう。近年、タバコは大幅に値上がり傾向にありますが、それでも多くの人がやめられない理由はどうしてでしょうか。それは、タバコの中に入っているニコチンという物質が大きく影響を及ぼしていると言われています。ニコチンに依存してしまうと、タバコをやめると、脳がタバコを要求し、禁断症状がでてしまいます。禁断症状とは、イライラしたり、不眠になったり、満腹感が得られなかったり、人それぞれ異なりますが、普段の自分とは違う不快さが感じられます。そのため、禁煙を続けることが難しいのです。近年では、禁煙補助薬や禁煙グッズが出回っていますが、使用しても効果がなかったという方も少なくありません。しかし、現在、禁煙外来でも活用されている、チャンピックスという飲み薬が多くの禁煙成功例をあげています。チャンピックスとは、ニコチンに頼らず禁煙できる薬であり、脳内のニコチンを受容する細胞に働きかけ、ニコチンを、吸いたいという欲求を抑制する効果があります。そのおかげで、離脱症状を感じにくくしてくれます。また、最初の一週間タバコを吸いながら服薬しますが、その期間でも、タバコに対する満足感を減らし、禁煙期間に導いてくれます。チャンピックスは、1週間、喫煙しながら服薬し、その後11週間の禁煙期間、トータル12週間で治療は終わりです。その間、中断せずに継続的に服薬することで多くの方が禁煙に成功しています。本気で禁煙に成功したいという方、チャンピックスを利用し、健康的な生活を送ってみてはいかがでしょうか。きっと、家族や周りの方々にも喜ばれるに違いありません。